ニキビ女子のためのニキビ肌におすすめのオールインワンジェルlabo

ニキビに悩んでいる思春期の女性のためにニキビ肌におすすめのオールインワンジェルについての情報をお伝えします。
MENU

スッピンに自信がつく!ニキビ跡が気になる方のオールインワンジェル選びのポイント

 

1品5役、1品6役なんてあるオールインワンジェル。
洗顔後これ1本っていうお手軽さと、基礎化粧品をラインで揃えるよりコスパもいい!

 

時短にコスパ…嬉しい限りのオールインワンジェルですが、自分の肌悩みにあったものが分からない方も多いはず。

 

手軽なオールインワンジェルでも立派な基礎化粧品。使うからには肌が綺麗になってほしい!スッピン肌をタマゴ肌のように…
そんな思いからここでは、肌悩みの中でも『ニキビ跡』に注目してご紹介します。

 

ニキビ跡の種類

乾燥しておらず、肌を保湿していても気になる『ニキビ跡』。
ニキビ跡が多く見受けられるのは頬ではないでしょうか。。

 

ニキビ跡にはいくつか種類があり、自分のニキビ跡がどれに当てはまるのか、確認してみましょう。

 

ニキビは治ったのにニキビがあるように見えてしまう
  • 頬に赤みがある
  • ケアしても治らない
  • ニキビは治ったのに赤みがまだある

 

これらに当てはまる場合は、『毛細血管が透けてみえてるタイプ』

 

ニキビにより、炎症がおき細胞を傷つけてしまうと、傷を治そうと毛細血管が増加します。
肌奥にまでダメージが及ぶことで、皮膚が薄くなりニキビだけが治り、毛細血管の赤みが残って透けてみえてしまう状態。
さらに悪化すると、紫のように色素沈着になる可能性も…

 

赤みタイプの方には、炎症を抑えてくれる成分配合のオールインワンジェルを選びましょう。

 

美白で知られるビタミンC誘導体ですが、抗炎症作用もあります。
甘草エキス、グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸ステアリルなど。
これらの成分は、炎症を抑え赤みを改善する作用や殺菌作用があります。

 

 

「ビタミンC」と「ビタミンC誘導体」の違いは…?
ビタミンCは、そのまま化粧品に配合するには不安定で壊れやすく浸透しにくい成分であるため、安定性ありの効果が発揮される「ビタミンC誘導体」が開発されました。
効能としては、ターンオーバーを促進・抗酸化作用・色素沈着改善、シミ予防などがあるため、肌を健やかに整えてくれる万能成分と覚えておくといいでしょう。

 

まだ若いのにシミ!?シミがある!?
  • 茶色っぽいシミが頬にある

この1項目につきるニキビ跡は、『ダメージによりメラニン増加色素沈着タイプ』

 

茶色のシミのようにみえ、老けてみられてしまう…まさにメラニンの色素沈着が主な原因。

 

皮膚は大まかに角質層・表皮・真皮と層になってるわけですが、表皮と真皮の間にあるのが基底層といわれる部分。
ダメージを受ける事でメラニンが生成し色素沈着を起こしてしまうわけです。

 

メカニズムとしては、ニキビのアクネ菌により炎症を起こし肌は殺菌して鎮めるために活性酸素を生成し、アクネ菌と活性酸素から守ろうとホルモンがメラノサイトを刺激。刺激を受けメラニンの大量生成となってしまいます。

 

天敵のようなメラニンですが、肌を活性酸素や紫外線から守ろうとしてくれているんです。
それでも、シミになってしまうのは嫌ですよね。

 

大切なのは、ターンオーバと美白。肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバーを正常にする事で、シミは薄く改善していきます。
また、美白効果のある成分のオールインワンジェルを使い続ける事です。

 

茶色タイプにも、万能成分のビタミンC誘導体。

 

美白効果の高いハイドロキノン、トラネキサム酸。トラネキサム酸には、抗炎症作用もあるので、今ある進行形ニキビにもOK。
そして、少し珍しいところでは、カムカムがあります。
地球上で最もビタミンCが多いとされる植物です。

 

美白成分では、アルブチン・コウジ酸などいくつかありますが、美白だけではなく保湿も意識しましょう。
乾燥してはターンオーバーも正常には整いません。肌を柔らかくするスクワランやヒアルロン酸より保水力のあるプロテオグリカン、セラミドなどが配合されたオールインワンジェルを選ぶといいと思います。

 

シミ同様、美白は使い続ける事がとても大切です。
ターンオーバーを正常に戻すといっても、2、3日でパッと改善するわけではありません。

 

美白成分により、肌表面は明るくなっても、シミ部分は薄くならないと思うかもしれませんが、シミになってしまってる部分は、シミのない部分よりもとても時間がかかりますので、長く使い続けることで効果が実感できるのを覚えておきましょう。

 

肌がつるんとしてない、凹んでる…
  • 肌表面がクレーターのようになっている
  • 凸凹がケアしても改善されない

 

これは1番厄介な『凸凹タイプ』

 

このニキビ跡は化粧でも隠しにくい為、手強いタイプです。スキンケアだけ、ツルッとしたように治すのはほぼ不可能に近いですが、軽微な凸凹であれば長期戦ではありますが、改善見込めるかもしれません。

 

ニキビにより、炎症が肌奥まで及び肌に傷跡が残ってしまいます。肌奥の真皮ではターンオーバーは行われない為、シコリのようにできやすくなってしまいます。

 

ほぼ不可能とは述べましたが、肌自体には修復しようという働きがある為、浅い凸凹であれば、時間はかかりますが目立たなくなってくるかもしれません。

 

凸凹タイプにも、保湿とターンオーバーが必須になります。保湿は、セラミドやプロテオグリカン、ヒアルロン酸がありますが、肌の再生やコラーゲン分泌を高めるレチノール(ビタミンA誘導体)・パルミチン酸レチノールなどの成分を気にしてみるといいでしょう。エイジングケア化粧品によく配合されています。ハリ弾力やシワの改善にも効果があります。

 

赤みタイプ・色素沈着タイプ・凸凹タイプと3つのニキビ跡別ご紹介しました。
ひとくくりでニキビ跡といっても種類があり原因も異なります。
配合成分を意識して選んでみることで症状が緩和されていくかもしれません。

 

どうせ使うならオールインワンジェル効果をあげたい!!

 

より効果を実感できる為に、浸透性の高いジェルや導入効果のあるオールインワンジェルをおすすめします。
オールインワンジェルに切り替える時に、使っていた化粧水などが残っている時は、オールインワンジェルのつける前にプレ化粧水としてお使い頂けます。

 

1つで何役もの効果を発揮するのがオールインワンジェルですが、女性は日によって生理前後など肌調子が変わります。
肌のコンディションに合わせてプレ化粧水を使ったり、パックがわりにお風呂でたっぷり塗り、優しく拭き取った後、再度しっかりなじませハンドプレスしてみるといいでしょう。

 

美肌になる為できることは…

 

どのタイプも、ターンオーバーがカギとなります。
ターンオーバーを正常に保つには保湿だけではなく、睡眠・入浴・食生活改善などが重要です。

 

スキンケアでは紫外線防止、ピーリングの使用頻度にも気をつけ、肌本来がもつバリア機能を低下させないことにあります。
また、洗顔などによる摩擦も肌ダメージとなり色素沈着やニキビの悪化の原因にもなりますから気をつけてください。

 

スッピン美人肌には1日、2日では仕上がりません。「ローマは1日してならず」ですが、「美肌も1日してならず」ですよ。

乾燥肌にオールインワンジェルが向いているワケ

 

雑誌やネットで注目のオールインワンジェルは、ひとつのアイテムでお手入れ可能で時短になると女性に人気です。
しかし、乾燥肌の女性はひとつだけで大丈夫かな?と思っていませんか?

 

ここではオールインワンジェルが乾燥肌の女性に合っている理由と、選び方や使い方についてお話します。

 

間違った化粧品の使い方で乾燥肌に

 

毎日保湿ケア化粧品でお手入れを頑張っているのに、肌が乾燥してゴワゴワしているという方へ。

 

肌が乾燥してカサカサしたり水分不足の女性は、間違ったお手入れでバリア機能が徐々に低下して刺激を受けやすくなっています。

 

原因となっているのがコスメを使用するときのこすりすぎで、角質層が思った以上にダメージを受けます。
化粧品を使うときは、やさしく丁寧に力を入れないことが肌の乾燥対策になり水分量を維持できます。
洗顔料でお手入れするときのこつは、しっかりと泡立てて指と顔の間にクッションを作ることです。

 

化粧水で水分補給をしたいという思いから、長い間パッティングする女性もいますね。
その間刺激を受けて皮膚の水分がどんどん蒸発して、乾燥するので注意しましょう。
またコットンを使ってローションをつけている方は、乾いてくると刺激が強く肌に負担になります。

 

乾燥肌の女性にオールインワンジェルが良い理由

 

乾燥肌の方は肌の水分が低下すると同時に、油分も低下しています。
ジェルタイプのオールインワンは化粧水や乳液、美容液成分配合されて水分と油分の両方が肌に入っていきます。

 

通常のお手入れなら、アイテムが多く肌に手が触れる機会も増えて皮膚にダメージを受けます。
肌が水分不足になるとバリア機能が乱れ、ダメージを受けることで乾燥が進みます。
オールインワンジェルなら、1個でお手入れが完了するので肌に摩擦を起こしにくく刺激も抑えられるのがいい面です。

 

化粧品を選ぶときの注意

乾燥肌の女性が使用するときには、成分に注目するのがポイントです。

 

乾燥対策ができる成分

 

セラミド

私たちの肌は外からの刺激や紫外線を、ブロックしてくれるバリア機能があり肌の健康を守っています。
バリア機能の中でも潤いを継続できる働きが確認されているのが、天然保湿因子と細胞間脂質です。

 

セラミドは体のなかにある成分で、細胞間脂質の半分を占めていて細胞と細胞の間の水分や油分を抱え込む働きがあります。
乾燥対策で有名なセラミドですが、人の肌と同じ構造のヒト型セラミドが他の種類より保湿効果は高いと言えます。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は人の体内に存在する、ムコ多糖類で水分を保つ働きがあります。
細胞と細胞をつなぎとめたリ、クッションのように守ってくれるのが魅力です。
水分を留める力があるので、皮膚のうるおいをアップさせて弾力を保ちアンチエイジング効果があります。

 

コラーゲン

真皮の中に張り巡らされて、細胞と細胞を繋いで弾力やはりを保つのに大切な作用があります、
肌の新陳代謝を活性化してくれるので、みずみずしい肌を作る役割もはたしています。

 

肌に優しい無添加商品を

パッケージを見て無添加と、表示されている商品をチェックしておきましょう。
合成着色料・香料・防腐剤・合成香料・パラベン・合成界面活性剤・アルコールが入っていない商品が肌に優しいです。

 

使い方について

オールインワンジェルを使用する前には、洗顔をして清潔な肌にしておきます。
量は商品によって違うので、説明書を読んでから決められた量を使いましょう。
手でこすって刺激を与えないように、顔全体に丁寧になじませて最後にハンドプレスをします。
目元や口の周りの肌は弱いので、特に注意することが大切です。
入浴中に湯船に入りパックの代わりに使うと、美容成分が浸透しやすくなり潤い効果が高まります。

 

オールインワンジェルを使用した感想

ここではオールインワンジェルを選んだ方の体験談を紹介します。

 

Mさん(38歳)
共働きをしていいるんどえ、朝の忙しいときにオールインワンジェルは便利です。スキンケアは毎日朝晩やっているので、心地いいとストレスが全然違います。クリームが苦手だったのですが、べたべたしないで肌がしっとりしてきて助かっています。

 

Kさん(42歳)
ジェルタイプのオールインワンは、とろみがあるのに肌になじむので好きです。使う量もちょっとでいいのでコスパも魅力だと思います。

 

Rさん(29歳)
使ってみて肌がプルプルしてきたのでうれしいです。化粧品を肌につける回数を減らしたのがよかったと思います。朝の時間も短縮できたのでストレッチにも挑戦しています。

 

購入者の方の口コミでは、悩んでいた女性も乾燥対策ができてお手入れも楽なので人気になっていますね。
働いている女性や育児で忙しい女性は、朝少しでもゆっくりしたいのではないでしょうか?
睡眠時間が少しでも増えると、新陳代謝も活発になってシミやしわの予防にもなります。

 

最後に

今回は乾燥肌の原因やオールインワンジェルがいい理由、選び方や使い方についてお話しました。
購入者の方の、口コミでも人気で肌の状態もよくなったと評判になっています。
今までの間違ったお手入れを改善して、しっとりすべすべての肌を手に入れてみませんか?

 

参照サイト:オールインワン化粧品の口コミサイト
参照サイト:オールインワンジェルランキング

 

このページの先頭へ